鎮静剤のメリットとデメリット

当院では、患者さんのご希望に応じて、「鎮静剤」を使用しています。

鎮静剤は、静脈から血管内に注射することで、ウトウトした状態でリラックスして検査を受けていただくために使用します。

薬の効き具合には個人差があります。また当日の体調によって、同じ量でも前回は良く効いたのに今回はあまり効かなかったということもあります。

以前鎮静剤を使用せずに検査をしたことがある方が初めて鎮静剤を使って検査をすると、「これならまた受けても苦ではない」と皆さんおっしゃいます。

ただし、薬を使うことで安全面を気にされる方もいらっしゃると思います。

今回は、鎮静剤を使った際のメリットとデメリットについてお話します。

メリット

①お腹がはる感じや腹痛などの苦痛を軽減できる

②胃カメラ検査時の、カメラを入れるときに感じる「オエッ、オエッ」という嘔吐反射を軽減できる

③検査中の患者さんの苦痛が少ないため、内視鏡医が検査に集中でき、病変の見逃しが少なくなる

デメリット

①検査後30分〜1時間程度の休息が必要であり、すぐに帰宅できない

②検査同日は、車、バイク、自転車の運転ができない

③検査後、薬の副作用で吐き気や頭痛がおきることがある

当院では、下記のような方には、鎮静剤の使用をおすすめしています。

①初めて検査を受けられる方

②以前検査で辛い思いをされた方

③歯磨きの際にオエッとなる方

検査の際に鎮静剤をご希望の方は、診察時あるいはお電話での予約時にお伝えください。

Author: ひろ消化器内科クリニック